台湾語学留学ブログ/お勧めエージェントPAPAGO游學村

台北にはじめて留学した時にお世話になったのがPAPAGO游學村です。

なぜここを選んだかは他のエージェントと違い、学校・宿泊先や現地でのサポートがパック化されていて、それぞれ個別に頼む必要がないからです。

学校選びはもとろんですが、宿泊滞在先の情報が他のエージェントに比べ、豊富なことも選択した一因です。

この記事では私が受けたサービスとPAPAGO游學村の特徴、エージェントとして頼んだ場合のメリットデメリットも紹介していきます。

台湾街並み   ひかのすけさんによる写真ACからの写真

1.運営会社

傳辰顧問股份有限公司という日本人が経営する台湾の会社です。(日系企業)
住所:104台北市中山区松江路182号龍年大楼7F-1

エージェントとしては台湾留学に特化した会社で、事務所は台北のみです。本体はコンサルティングや翻訳も行っている企業で、台北市での不動産の仲介業免許をもっています。

台湾不動産のPAPAGOお部屋探し支援室という別サイトも持っています。

HPは https://papago-taiwanheya.com/

1-1.特徴

・このエージェントの最大の特徴は全ての留学プランが授業料、滞在費、空港出迎えなどを含んだパック化されている点です。ただし、3か月以上は他のエージェントと同じでオーダーメイドのフリープランになります。

・パックに含まれているもので、フォローアップ講座というものがあります。内容は台湾事情を学ぶ講座や、街中レッスンとして実際に学んだ中国語を使うなどのプログラムがあります。

・日本での支払いはクレジットカード(PayPal)になりますが、手数料は5%かかります。また現地での日本円による現金支払いがあります。

・オリジナルコンテンツとして、70ページに及ぶ台湾大学進学ハンドブックや台湾の中国語検定であるTOCFLの参考書(有料380台湾ドル)も販売しています。

・WEB上にて中国語講座もおこなっています。私も事前に受講しました。その時に役に立ったのが以下の書籍です。

  ちがいがわかる対照表 日本の漢字 中国の漢字

1-2.問い合わせ先

メール

アドレス:papagojp@onelinecst.com.tw
LINE:papagotaiwan
スカイプ:papagotaiwan

公式サイト

ホームページ: https://www.papago-taiwan.com/
Facebook: https://www.facebook.com/papagotw/
YouTubeチャンネル:台湾留学支援室PAPAGO遊学村
Instagram:papagotw

営業時間:平日10:00~19:00(日本時間)

2.留学情報の提供

2-1.学校情報

・台北:淡江大学、文化大学、開南大学台北校舎、輔仁大学、東呉大学、銘傳大学台北校舎、国立政治大学、国立師範大学国語教学、国立台湾大学文学院語文、国立台北教育大学、TLIルーズベルト校、国語日報語言、合南中心中文課程、漢網学院、ジオスGEOS中国語
・桃園:開南大学、銘傳大学語言桃園校舎
・新竹:国立清華大学、国立交通大学語言
・台中:TLI台中校、国立中興大学語言、逢甲大学語言教学、東海大学華語教学、国立台中教育大学
・台南:国立成功大学
・花蓮:なし
・高雄:TLI高雄校、国立中山大学、文藻外語大学、高雄師範大学
・屏東:国立屏東大学
・澎湖:阿甘語言補習班

合計31か所:大学は全て付属の華語中心(中国語センター)への入學となります。

2-2.滞在先情報

詳細な情報がWEB内で豊富に紹介されています。

寮のイメージ Masa105さんによる写真ACからの写真

〇ホームステ:台北のみ受け付けしています。

〇外部学生寮:民間企業により運営されている学生寮です。入寮基準はゆるやか。

台北国際学舎(新店)の1件のみです。

〇大学学生寮:その学校で就学している学生のみが宿泊可能です。3か月以下の滞在にお勧め。【】が宿泊施設名です。

台湾大学、文化大学、政治大学【修齊會館】、政治大学【自強十舍】【國際學人暨學生會館】、師範大学【師大會館】、銘傳大学【台北校区校外水源宿舍】【基河会館】、東呉大学【楓雅学苑】、輔仁大学【輔仁勵學宿舍】、開南大学(本部キャンパス)【盟連宿舍】

〇短期滞在向けレジデンス:アパートとホテルの中間のような施設で、キッチン付きです。

新生会館、松江南京會館、行天宮會館、京站會館、師大会館、伊通マンション

〇ホテル:1~2週間程度の短期留学の方で、ドミトリータイプに抵抗がある方向け。

新尚旅店(ホテル 73)、儷園HOTEL(リーユエンホテル)、欣和HOTEL(シンホーホテル)、香城商旅一江館、伊倫商務会館、単人房ホテル

〇ゲストハウス:費用を抑えて留学をしたい方。交流を大事にしたい方向け。

WE COME Hostel、Beimen WOW Poshtel、Taipei Discover Hostel、シェアハウス「101」

〇シェアハウス:賃貸住宅ですが、リビング、キッチン、トイレ、風呂、洗濯機などの設備が共用

SH001(古亭A館)、SH002(古亭B館)、SH003(古亭D館)、SH004(台電大樓A館)、SH005(台電大樓B館)、SH006(公館A館)、SH007(公館B館)、SH008(永春館)、SH009(Blue & White台電大楼館)、SH010(古亭35館)、SH011(In Taipei Apartment)

・アパート・コンドミニアム:3か月以上滞在の方、アクセスや環境を重視したい方向け。

家具・インターネット完備の賃貸物件として37件掲載。大まかな価格も紹介されています。

不動産仲介業もしている関係で滞在施設については圧倒的な情報量があり、詳細を知りたい方は次の関連ホームページへどうぞ。台湾・台北のお部屋探しに⇒https://papago-taiwanheya.com/

2-3.その他情報

・観光ガイドに匹敵するほどの台湾情報がWEBページで見れます。そのほか生の生活情報など豊富に用意されています。また、英語留学も受け付けています
・YouTubeチャンネルでは台湾情報のほか、中国語のリスニング・発音教材も多数アップしています。

・留学プランに含まれていますが、現地で2回にわたりフォローアップ講座を実施しています。その時に頂いた資料は以下の写真です。

2-4.留学プラン

短期留学では期間別や授業内容別に、沢山の選択肢があります。また本格的な長期の留学プランもパック化されています。
以下その例です。(季節によって変わります)2019年11月現在

A.年間提供プラン

A1:74,000円~ 初めての台湾留学にお勧め!一番人気のベーシックプラン(1週間から申込可 / 随時出発)

A3:108,000円~ 中国語短期集中特訓プラン(1週間から申込可 / 随時出発)
⇒限られた時間を有効利用し、とにかくしっかり中国語を勉強したい方に!

A4:43,000円~ 1週間全コミ43000円!費用を抑えた超格安プラン(1週間から申込可 / 随時出発)
⇒予算は限られてるけれども、とにかく留学したいという方のご要望に応えます!

A9:148,000円~ 1ヶ月で中国語力アップ!コスパ最高お手軽プラン(4週間から / 随時出発)
⇒留学ならではの効果的なレッスンを組み合わせました!

A11:42,000円~ 超短期プライベートレッスンプラン(2日間から申込可 / 随時出発)
⇒休日でもプロの講師のレッスンが受けられます!年末年始や大型連休中にも!

B.夏休み限定プラン

B2:240,000円~(税込) 夏休み限定!台北郊外の淡水で中国語キャンプ体験プラン(3週間から申込可 / 7、8月開講)
⇒自然に囲まれた郊外都市淡水で充実のキャンパスライフ。長期の休みを利用し、価値の高い留学体験を!
⇒二人で申し込むと、お二人とも3% OFF

B3:345,000円~(税込) 夏休みお子様留学プラン@文化大学(3週間から申込可 / 7、8月限定)
⇒中国語学習・国際文化交流に興味があるお子様に最適!親子での参加も大歓迎!

B4:366,000円~(税込) 夏休みお子様留学プラン@国語日報(3週間半 / 7、8月限定)
⇒様々な国籍の子供たちと一緒に学ぶことで、国際感覚を身に着けよう!(半日・全日受講が選べる)

B5:98,000円~ 日本語でレッスン、初めての中国語、夏のスペシャルプラン(1週間 / 8月10日出発)
⇒学生さんの夏休みにも、社会人の方のお盆休みにも!ピッタリの中国語の学び方が、必ずみつかります!

台湾イメージ  Masa105さんによる写真ACからの写真

E.英語留学プラン

中国語以外に英語留学もあります。

E1:98,000円~ 英語を学びながら台湾を満喫!英語&文化体験プラン(1週間から申込可 /随時出発)
⇒英語レッスンと台湾文化を欲張り体験!忙しい社会人の方のプチ留学にも。

E2:148,000円~ 日本語の通じない環境で英語漬け@台北プラン(1か月間から申込可 / 毎日出発)
⇒日本語の通じない環境で英語を学びたい方に。欧米留学へのステップにも最適です!
⇒オプションで二か国語留学にも!
ジE3:73,000円~ コストパフォーマンス抜群!超格安英語留学プラン。(1週間から申込可 / 毎日出発)

E4:67,000円~ 超短期英語プライベートレッスンプラン (2日間から申込可/随時出発)
⇒ご自身のペースに合わせてレッスン時間を配分できるプライベートプラン。日本語のできる先生を組み合わせることもできるので、初級の方もどうぞ!

※(税込)常時以外は営業税(5%)及び送金手数料が別途掛かります

2-5.サポート内容と料金

・渡航前サポート

滞在費(ゲストハウス・ドミトリー)と授業料はプラン料金に含まれています。学校相談、保険加入手続き、航空券お見積りなどは無料です。

・現地サポート

空港へのお迎え、現地生活のオリエンテーション、現地スタッフによる初日のみ学校での手続同行、留学アドバイザー面談はプランに含まれています。また空港へのお迎えが不要な場合は8,800円割引になります。

不動産サポートは別途仲介手数料として30,000円~となっています。その他のサポートは要問い合わせとなっています。

現地企業の為、台湾の営業税(5%)及び送金手数料が別途必要です。

3.実際の内容は

実際に申し込んだのがPAPAGOパッケージのA1です。基本の宿舎であるゲストハウス・ドミトリーではなく、少しアップグレードしてローカルホテルを選択。

そこから、3日目の水曜日にマンツーマンレッスンを2時間追加し、空港送迎を省いてもらました。

3-1.留学内容

・初日

午前は待ち合わせて、学校の入学手続きに同行してもらいます。

その後大学での授業を3時間受けて、いったんホテルに戻ります。

午後はPAPAGOの事務所にて1回目のフォローアップ講座を受けます。内容は台湾の歴史、最新の台湾事情や文化を日本語で学びます。また外食に便利な、朝食、カフェ、レストランメニューのガイドも貰います。

・2日目

午前は大学で受講した後、午後に民間の語学学校に付き添ってもらい入学手続きをしてもらいます。
その後の2時間マンツーマンレッスンは各自で受けます。

・3日目、4日目

午前大学の授業、午後は語学学校でのマンツーマンレッスンというスケジュールです。

・5日目(最終日)

午前の大学授業をうけたあと、PAPAGOの事務所にて2回目のフォローアップ講座を受けます。
内容は街中レッスンで現地スタッフ同行のもと近くの四平街という屋台があつまった商店街に行き、豆花を実際に注文します。

その後はフリーになりますので、近くにあるお目当てのお店に行きました。その時に役立ったのが次の本です。

  台湾行ったらこれ食べよう!: 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

私が受講したのは2018年8月でしたので、現在とは午前・午後が逆になっています。

3-2.メリットデメリット

メリット

何といってもパック化されている
クレジットカード支払いができる
豊富な滞在先情報の中から、予算やタイプ、ロケーション別に自由に選べる
中国語教材が無料で利用できる。
台湾不動産に強い

デメリット

パック化されているのでそれぞれの料金が分からない。
オーダーメイドのプランはWEB上では金額がわからない。

4.まとめ

PAPAGOは台湾留学をパッケージにしているので、費用トータル金額が明朗である点。
学校情報以外の、滞在先情報や不動産情報が豊富なので問い合わせをしなくても、イメージがわく。
支払いがクレジットカード出来るのはありがたい。

中国語だけでなく英語留学の選択肢を提供している。