フィリピン留学3つの社会人向けエージェント(今後はわかりません)

社会人フィリピンに英語留学するとき、便利な3つのエージェントを紹介します。

ただし今後フィリピン留学自体、フィリピン政府の政策等でどうなるかわかりません。

2020年4月現在においては、返金保証等は明記されていても、あてにできませんので、数か月先でも申し込まないことを強くお勧めします

参考までに各エージェントでは今後の状況等について記載していますので見てください。

1.エージェントとは

フィリピンには様々な国の資本が入った学校が、複数地域に100校以上存在しています。

フィリピン留学が初めての人には、どの地域のどの学校が自分の目的に合うかは、学校が発信しているホームページだけではわかりません。

そんな学校選びの手助けをしてくれるのが留学エージェントです。

留学エージェントは、留学情報サイトととも言われ、学校選び等の各種相談、入学手続きと、留学中のフォローを行ってくれます。彼らは実際に学校に足を運んで取材をしたり、授業を体験したりしています。

また、学校とタイアップしたお得なキャンペーンを行っていて、例えば入学金0円授業料割引などがあります。

中には留学エージェントに授業料負担をしてもらう条件で、レポートを書いている学生がいます。

 

2.社会人向けエージェント

エージェントは多数ありますが、以下のサイトは、自分が実際に社会人の短期留学として利用したところと、メール相談でレスポンスが良く、空き状況確認や自分が想像していなかった地域の学校など、具体的に留学先を提案してくれたところを選定しました。

 ①School With スクールウィズ

日本最大級の留学総合サイト【School With】 

2020年コロナにおける今後の留学についての案内リンクを紹介します。

留学をご検討中・予定されている皆様へ

他サイトとの違い

最大の特徴は口コミ投稿に対して、特典があることです。以下、キャッチコピーです。

口コミ投稿でオンライン英会話またはAmazonギフト券をプレゼント!

https://schoolwith.me/campaigns←ここをクリックして、アクセスしてください。

スクールウィズ経由で留学していなくても投稿は可能です。

 

もうひとつの特徴は、現地払いの費用以外、クレジットカード決済できることです。

お持ちのカードのポイントをためられて、大変お得です。通常高額になりがちな費用の支払いは、どこのエージェントでも振込ですので、大変うれしいサービスです。

その他、上記のような理由で、留学経験者の口コミ数ではNo.1ではないでしょうか。また、サイト機能として、学校の各種希望条件を選択入力すると、候補の一覧とそれぞれの特徴が検索結果として、提示される機能です。

紹介学校情報

セブ95校、クラーク15校、マニラ24校、バギオ22校、バコロド4校、ダバオ6校、イロイロ8校、ドゥマゲッティ4校、タルラック3校、の計9地域195校の情報が、紹介されています。ただし、口コミが無く、単純に学校概要だけの紹介情報もあります。

お得なキャンペーン

時期や期間によっては入学金無料、海外送金手数料が最大無料、お友達紹介で特典などの各種キャンペーンを行っています。【キャンペーンについてはコチラ

その他

また、フィリピン留学だけでなく、希望者にはアメリカ、カナダ、オーストラリアやイギリスなどネイティブスピーカーの国への留学も斡旋してくれます。

海外就職の会員制支援サービスであるCareerWith(キャリアウィズ)を別サイトで運営しており、中国(上海)、香港、フィリピン(マニラ)、マレーシア(クアラルンプール)、インドネシア(ジャカルタ)、シンガポール、タイ(バンコク)、ベトナム(ホーチミン)、インド(デリー)の9ヶ国の求人情報を紹介しています。

関連サービスはコチラで https://corp.schoolwith.me/ourservice

運営会社情報

 

社名 株式会社スクールウィズ(英語表記:School With Inc.)
設立日 2013年7月10日
資本金 5,625万円
所在地 〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-33-6 JP noie 恵比寿西 1F co-ba ebisu

本社所在地や資本金等がしっかりと明記されています

ホームページのセキュリティもしっかりしていて、全ページSSL通信に対応しています。

 

②PHIL English フィルイングリッシュ

フィリピン格安留学 – セブ 島 留学 | Phil English

今後の留学についての情報はコチラです。https://phil-english.com/notice/

他サイトとの違い

最大の特徴は、学費後払いサービスです。

学費は留学前に一括ではなく、入学後3日以内までに入金すれば手数料がはかかりません。時期にもよりますが、約3~6ヶ月前と早めの入学申請が必要で入金から入学までの期間が長い為、不安に感じるかことが無いようにとの事です。

もうひとつは、最低価格学費保証制度です。留学費用が他社に比べて最安値でなかった場合、登録前または留学中に限らず、差額を返金するという制度です

こちらも情報量が多いですが、定期的に学校に訪問して情報交換をしています。また留学生に補助をする代わりにレポートを提出させて、留学生の生の声が聴けるようになっています。

 

紹介学校情報

セブ31校、クラーク8校、マニラ5校、バギオ10校、バコロド3校、ダバオ2校、イロイロ3校、スービック1校、の計8地域63校の情報が、写真付きで紹介されています。

お得なキャンペーン

こちらでも入学金無料、お友達紹介で特典、リピーター割引など各種キャンペーンを行っています。

運営会社情報

 

会社名 Phil English フィルイングリッシュ
設立日 2012年6月1日
住所 [東京事務所]
東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階:電話相談専用(一般カウンセリング) 03-6869-5004 / 6869-3020
[西日本事務所]
山口県下関市安岡町
E-MAIL : nishijap@phil-english.com
LINE相談:philengvictor

事務所は日本以外に、ベトナム ホーチミンと ハノイ事務所、中国武漢事務所、フィリピン現地サポートセンターと5つの拠点があります。

メールの連絡先はありますが、本社所在地や資本金等が明記されていません

ホームページのセキュリティはSSL通信に対応しています。

③フィリピン留学センター

フィリピン語学留学|紹介数日本一のフィリピン留学センター

他サイトとの違い

こちらは他のエージェントが扱わない地域なども掲載していて、フィリピン学校地域の取り扱い数は一番多いと思います。変わったところではリゾート地で有名なボラカイ島にある、カナダ人が経営する学校などです。

紹介学校情報

セブ62校、クラーク9校、マニラ12校、バギオ15校、バコロド4校、ダバオ3校、イロイロ4校、ドゥマゲッティ4校、タルラック2校、スービック2校、ボラカイ島1校の、計11地域118校の情報が、写真付きで紹介されています。

お得なキャンペーン

こちらでも学校によりますが、授業料10~30%割引や、プラス1週留学など各種キャンペーンを行っています。

運営会社情報

社名 株式会社DEOW(ディオ)
資本金 2,000万円
設立 2003年6月20日 有限会社DEOW設立、創業
2004年11月8日 株式会社DEOW設立 有限会社DEOWより事業移管
本社 東京都渋谷区渋谷2-16-5 マニュライフプレイス渋谷12F
0120-4192-09
03-3498-4475(代表)

本社所在地や資本金等がしっかりと明記されています

海外拠点もアメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリスと8か所あります。

留学ワールドというサイトを運営しており、フィリピン留学だけでなく、アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリス、マルタ、フランスや台湾、マレーシアまで、取り扱っています。

ホームページのセキュリティもしっかりしており、SSL通信に対応しています。

留学サービス審査機構という一般社団法人に加盟しています。フィリピン留学関係で加盟しているところはここ以外ありません。リンクは以下に記載 留学サービス審査機構

3.留学までの手順

大まかな手順は以下のとおりです。

留学希望者からの問い合わせ

入学目的、入学時期、期間等

条件の確認

学校所在地域、予算、宿舎の希望(1人部屋・相部屋等)、英語レベル、学生の国籍割合、学生の年代等

具体的な提案と学校への確認

宿舎空き状況、学習コース、お見積、おすすめ理由、お得なキャンペーン等

申込、入金

入学許可証の発行、入学ガイド等各種書類の受領

入学

申込後、学校によっては入学前に、オンラインでレベルテストを実施するところがあります。

これは、入学初日である月曜日に、レベルテストやオリエンテーション等で1日費やしてしまうことを防ぎ、授業開始を月曜日からにするためです。留学期間が限られている短期の留学者にとって、1日でも多く、授業が受けられるメリットがあります。

また、最近ではエージェントを通さず自前で集客しているところもいくつか見受けられるようになりましたが、留学者個人が複数学校を同じモノサシで比較しにくいので、ミスマッチが起こる可能性もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました