お得ですか?ANAのSFC修行僧がステータスを取得する意味

 

あなたはANAのSFC修行僧という言葉、聞いたことがありますか?

ある人にとってはこの修行が意味ある行為なのですが、違うある人にとっては苦痛と、時間の浪費以外の何ものでもないのです。

この記事ではSFC修行の経験がある私が、あなたは修行の必要があるのか、無いのかそれを判断する材料をご紹介したいと思います。

1.SFC修行僧

SFCとは

あなたが飛行機に搭乗するとき、搭乗前に必ず優先搭乗のアナウンスがされますよね。

 

ANA搭乗の場合、以下の順番で優先搭乗されます。

1.事前改札サービス(お体の不自由な方、お子様連れの方)

2.ダイヤモンドメンバー

3.プラチナメンバー、スーパーフライヤーズカード会員(SFC)、スターアライアンスゴールドメンバー

4.最後にエコノミーなどの一般搭乗者となっています。

 

この中の3番目に搭乗できるステータスをSFC(スーパーフライヤーズカード)といいます。

 

・また飛行機に搭乗するときに、ゲートでタッチをして通過する時にがしますが、SFCを含めプラチナ以上のステータスの場合、みなさんと明らかに音が違います。

・そのほか、着席するとCAさんから「○○さま、いつも搭乗ありがとうございます」といわれているのも聞いたことがありませんか?

これは何もCAさんと顔見知りだからというわけではなく、あらかじめどの席に、どのようなステータスの人が乗るか知っている為です。

上級国民ではなく、上級会員(お金を沢山使ってくれて、ありがとうという意味)だからです。

なぜ修行僧というのか?

SFCにチャレンジする人たちは、飛行機にのることを搭乗と言わず、修行と言います。

フライトが、旅行目的ではなくSFC取得の為だけになるからです。1日に2往復なんていうのは当たり前で、往復の便で同じCAさんに遭遇することもしばしばあります。

 

まさにこれこそが、修行と言わずなんというのでしょうか?

 

そしてこの人たちのことをSFC修行僧と尊敬の意味をこめて呼んでいます。

 

2.SFC取得条件

飛行機に搭乗するとマイルが距離や料金により付与されますが、同時にプレミアムポイントというものも付与されます。

プレミアムポイントとは、1年間にANAグループ、スター アライアンス加盟航空会社の搭乗分に、積算されるポイントで、1月~12月に獲得した年間プレミアムポイントに応じて、翌年度のステイタスが決まります。

SFC会員になるために取得するプラチナステイタスは、50,000プレミアムポイントで獲得できますが、有効期間は取得年の翌年度にしか、保持できません。

ただし、条件によりこのプラチナと同等のステイタスを*生涯にわたって保持できるのがSFC(スーパーフライヤーズカード)会員と言われるものです。

*カードの年会費を払い続ける必要があります。

・SFCカード申込

プラチナステイタスに達したら、SFCカード取得の条件が整います。

年末までにクレジットカード各社が発行しているSFCカードを申し込みしましょう。

 

クレジットカード発行各ブランドのカードはこのANAのサイトを参照してください

スーパーフライヤーズカード | ANAマイレージクラブ

・SFC取得メリット

主要なメリットは以下の通りです。

優先チェックインカウンター(ビジネスクラス専用)

手荷物受け取りの優先(手荷物にPRIORITYタグが付きます)

専用保安検査場のご利用

空港にある専用ラウンジの利用(カードラウンジとはサービス内容が違います)

優先搭乗のご案内

国際線座席のアップグレード(特典航空券で経験あります)

香港国際空港の優先レーン(香港国際空港での手続き必要)

priority tag

3.ちょっと待って!

取得するコストは約60万円以上と言われています。そのほかカードの年会費が一番安くても、1万円以上かかります。

もしあなたが年に1回家族3人で旅行したとします。

SFC会員だと同行する1人のみ、優先搭乗やラウンジ利用などの恩恵が受けられますが、もうひとりは、一般搭乗客になり別々なってしまいます。

そのために家族カード作成という手法がありますが、これだけの為に追加で、1万円近い年会費を払うのも、もったいない気がします。

また、座席のアップグレードは正規に近い運賃でないと実施されません。(ただし特典航空券でアップグレードは可能です)

特典航空券でアップグレードした記事はこちらです。

SFC会員特典航空券の無償アップグレードでビジネスクラスへ
「無償アップグレード」大変心地よい響きですね! 追加料金無しですので、ものすごく得した気になります。 その無償アップグレードを昨年の8月にANAの羽田香港線において、確信犯的にチャレンジしてきましたのでご紹介します。 B777...

 

・SFC以外の選択肢

実は先ほどの取得メリットは、どの航空会社のビジネスクラスに搭乗しても、同様に付加されるサービスなのです。

例えば10月11日~14日の3泊4日、成田発ベトナム・ホーチミン行とします(1人分)。

・ANAエコノミー 11日:16:45発、14日:15:05着 107,690円

・ANAビジネス  11日:16:45発、14日:15:05着  238,190円

・VNビジネス    11日:15:25発、14日:14:00着  153,000円

ANAのビジネスはエコノミーに比べ13万円程高いですが、VN(ベトナム航空)ビジネスとの差は5万円弱しかありません。

もし2人で旅行をしても、VNビジネスでしたらANAエコノミーに比べ9万円強の差です。ANA同士でしたら2人で26万円です。

2人で年1回行く海外旅行をビジネスクラスで行ったとしても、SFC取得の為1年に50万円かけるコストに比べれば安くないですか?

 

実際に私の友人は、年1回の海外旅行は各社のビジネスクラスを利用しているので、SFC会員と同様のサービスを受けてストレスフルに旅行しています。(SFCのことを知らないみたいです)

4.まとめ

上記のように年1回、仮に2人で旅行する程度でしたら、毎回ビジネスクラスでもSFC取得コストを上回るのに、少なくとも数年かかります。

また他の航空会社も含め、規定の運賃を払い、ゆったりとビジネスクラスで旅行出来るのも悪くないですよね。

ただし、ANAのSFC取得コストが、50万円かかってでも、エコノミーの狭い座席サービスで満足できるのであれば、取得するメリットがあります。

また、国内出張等で会社の経費ではエコノミーしか乗れない人には十分メリットがあります。

例えば、羽田空港の国内線ラウンジではWi-Fi、簡易パーテーションで仕切られたデスク、ラウンジ専用トイレもあるので、早めに空港についてコーヒーなど飲みながらゆっくり仕事が出来ます。

趣味としてSFC修行を行うのか、それとも実益重視で、ビジネスクラスを選択するのかは、あなたの考え方次第です。

また、正規のビジネスクラスが高いと思われる方は、ビジネスクラスを利用したツアーもあります。
JAL海外ダイナミックパッケージ