マカオに行くなら、持っているとお得な5つのもの台湾経由編

台湾経由で、マカオに行ってきました。

通常マカオというと、香港経由フェリーバスを利用するか、直接日本から直行便で行くのか、どちらかですよね。

ただ、今回は観光以外に、ある目的があったので台北経由でマカオに行きました。それは発売したばかりのiPhone 11の海外モデルを購入しようと思ったからです。

特に今回、旅に便利な持っているとお得なものがいくつかありますので、ご紹介したいと思います。

1.台湾・マカオの行程

最初に今回の行程をざっと書きます。

初日

自宅羽田空港台北松山空港MRT象山駅Apple store 信義店MRT台北駅ホテル

2日目

ホテル台北駅MRT桃園空港マカオ空港Apple store マカオホテル
この後、マカオから香港に日帰りで旅行しています。

3日目

ホテルマカオ空港桃園空港台北駅台北松山空港羽田空港自宅

2.マカオへの行き方

今回は最終目的地にマカオを選んでいましたので、最初は東京⇒台北⇒香港⇒マカオ⇒香港⇒台北⇒東京と考えていました。

目的であるiPhone 11が当日購入できない時の為に、予備日として台北と香港へ2回行くつもりでした。また、どちらの国もApple Storeの営業時間内に、購入できるようにと考えていました。

そして東京⇔台北の往復と、台北⇔香港の往復は航空券を購入して、香港⇔マカオは運賃が安いバスを使おうと考えていました。

 

航空券の購入については、自分はANAのSFC会員なので、ANAを使った方が色々とメリットがあるのですが、この2つの行程を購入すると、コストが高く、思い通りの発着時間の便が取れないために、他の航空会社でチケットを探すことにしました。

結局、東京⇒台北⇒マカオ⇒香港⇒マカオ⇒台北⇒東京という行程にしました。

内訳は東京⇔台北の往復、台北⇔マカオの往復は宿泊を伴う別々の会社の航空券、香港⇔マカオ間はバスとフェリーを使う日帰りの行程となりました。

3.持っているとお得なもの

①ANA VISAゴールドカード(SFC会員用)

免税店での割引

羽田空港 国際線ターミナルの南側 と、北側 にANA 免税店が2か所あります。

ANAのクレジットカードで1,000円以上のお買い物をすると、10%オフになります。なので、お土産はいつもここで購入しています。その他、国内線や他の空港のANAフェスタも同様に割引(5%、10%)が受けられます。

ANAのSFC会員になるには一定の条件があります。SFCについてはコチラを参照してください。

お得ですか?ANAのSFC修行僧がステータスを取得する意味
あなたはANAのSFC修行僧という言葉、聞いたことがありますか? ある人にとってはこの修行が意味ある行為なのですが、違うある人にとっては苦痛と、時間の浪費以外の何ものでもないのです。 この記事ではSFC修行の経験がある私...

②サンズリワードクラブゴールドカード

各種割引と、ポイントをためる

残念ながら日本では作れませんが、サンズマカオカジノの専用カウンターで無料で作成します。

サンズリワードの詳細はコチラへ サンズリワード日本語サイト

 

今回は香港からマカオのタイパフェリーターミナルに行くフェリーのチケットが15%オフになりました。このフェリーは無料のWiFiが使えます。

コタイウォータージェットの日本語公式サイトはコチラ

カードを持たないで割引を可能にする方法

上記のコタイウォータージェットを香港島の上環から利用する場合

平日の17時半までの便で171香港ドル(2,411円 1/23)しますが以下の方法で約13.8%引きの2,078円になります。

コタイ・ウォータージェット片道乗船割引チケットはこちらのkkdayのサイトで購入できます。

③Mariott Bonvoyゴールドエリート会員

SPGグループのアカウントです。

いつの間にかこのような大きなホテルブランドになりました。今回はゴールドエリート会員として、公式サイトからの予約でしたので、お得な宿泊プラン、専用チェックインカウンターでのアーリーチェックイン、ウエルカムギフト(5種類から選ぶ)、*ターンダウンサービスまでありました。Mariott Bonvoy公式サイトはコチラ

左側:専用チェックインカウンターサイン  右側:ウエルカムギフトリフレッシュメント(ルームサービス) 

ゴールドエリート会員についての記事はコチラ

すぐなれる?Mariott Bonvoyゴールド・プラチナエリート3つの近道
Mariott会員の上級ステータスである、ゴールドエリートになって、受けられる数々の特典と資格取得の方法をご紹介します。 また、私が利用した近道や、さらにプラチナエリートのステータスがもらえる裏ワザなどもご紹介します。 1.Mari...

 

*ターンダウンサービス とはスリッパやナイトガウンをベッドサイドにセットしたり、デュベ(かけ布団)を寝やすいように半分めくるなど、寝る準備をホテル側がしてくれること。ホテルにより内容が違います。

④3か国周遊SIMカード

台湾では松山空港の中華電信のカウンターで、台湾用の3日間容量無制限のSIMカードを買いました。

本来、香港、マカオに行くときは、事前にAmazonで香港・マカオ共通SIMカードを購入するのですが、今回はすっかり忘れていました。

そこで、マカオの空港で、Happy Telecomというカウンターで3日間容量無制限の香港・マカオ共通SIMカードを購入しました。日本で買う価格の約2倍の100HKDでしたが、そのまま台湾でも差し替えずに使えたので少しだけラッキーでした。

⑤MRTのWiFi

これは台北駅から、桃園空港までのMRT乗車中に30分間使える無料WiFiです。実際の乗車時間は35分ぐらいですので丁度良い時間です。

 

左からANAのSFCクレジットカード、サンズリワードゴールドカード、Happy TelecomSIMカード

4.宿泊先

台北:スカイ19 ホテルは今回Booking.comで予約を取りました。
マカオ:シェラトングランド・マカオホテル,コタイセントラル公式サイト

5.帰り方

マカオのホテルから空港まではシャトルバスが出ているのですが、朝8時のフライトなので、空港には6時前に着きたいと思い、タクシーで行くことにしました。
空港に着いたのは6時ちょっと前でしたが、人影もあまりなく静かな環境でした。

自動チェックイン機を見たら、マカオ航空のパネルがあったので、パスポートを差し込みチェックインしようと思ったのですが、外国人はカウンターで手続をしなければならないということで、カウンターの列に並びました。

6.交通費内訳

航空券

東京⇔台北往復:中華航空(47,720円)
台北⇔マカオ往復:マカオ航空(19,700円)

電車賃

台北市内:【初日】松山空港⇒象山駅⇒台北駅 50 TWD 1TWD=3.49円(174円)
:【2日目】台北駅⇒桃園空港第一ターミナル 160 TWD 1TWD=3.49円(558円)
:【3日目】桃園空港第一ターミナル⇒台北駅 160 TWD 1TWD=3.49円(558円)
香港市内:旺角駅⇒尖沙咀駅⇒上環駅 16.5HKD 1HKD=13.69円(225円)

バス代

自宅⇔羽田空港往復:1,230円×2(2,460円)
マカオ⇒香港口岸(国境): 65MOP 1MOP=13.29円(864円)
香港口岸⇒香港空港⇒香港市内: 33HKD 1HKD=13.69円(451円)
マカオ市内:空港⇒ホテル、ホテル⇒バスターミナル、フェリーターミナル⇒ホテルは全て無料のシャトルバス利用

タクシー代

マカオホテル⇒マカオ空港: 39HKD 1HKD=13.69円(533円)
中山駅⇒松山空港: 120TWD 1TWD=3.49円(418円)

宿泊費

台北ホテル代 :2,550 TWD 1TWD=3.49円(8,902円)
マカオホテル代:944.54 HKD 1HKD=13.69円(12,932円)

その他

香港⇒マカオフェリー代:179 HKD 1HKD=13.69円(2,450円)
その他:台湾SIMカード300 TWD 1TWD=3.49円(1,047円)、香港・マカオ共通SIMカード100 HKD 1HKD=13.69円(1,369円)

合計

以上合計で、100,361円です。

7.まとめ

今回は、安い航空券にホテルはチョット豪華にという行程でしたが、意外にかかっていますね。

この他、iPhone11の購入代金や、食事代、お土産代など含めると、後からやってくるクレジットカードの請求が怖いですね。

タイトルとURLをコピーしました