SFC会員特典航空券の無償アップグレードでビジネスクラスへ

「無償アップグレード」大変心地よい響きですね!

追加料金無しですので、ものすごく得した気になります。

その無償アップグレードを昨年の8月にANAの羽田香港線において、確信犯的にチャレンジしてきましたのでご紹介します。

B777-300ER ビジネスクラス 座席(ANAホームページより)

 

1.旅行の目的

今回の旅行は目的が二つありました。

ひとつは、香港でiPhone XS Max 香港版を、この騒動の最中に2台買うこと。

二つ目は、マカオで遊ぶことです。

2.特典航空券予約

航空券を予約したのは1週間前で、フライトは8月13日の8時50分羽田発、NH859です。

今回は、クレジットカードのマイルがたまったので、特典航空券として予約しました。
使ったマイルは23000で、別途1.4万円ほどの支払いが必要です。内訳は国際観光旅客税、出国税、旅客保安サービス料など日本と香港双方空港関連の費用負担です。

 

f:id:shoku_sagashi:20190907073059j:plain
明細書

実は、予約時に他の便も選べたのですが、あえてNH859を選びました。

その理由は、エコノミーの座席指定が満席で出来なく、ビジネスクラスが半分近く空いていたからです。また他の便に比べ、ビジネスクラスの席数が多いのも理由です。

したがってアップグレードの可能性が高いのではないかと勝手に思い、賭けてみることにしました。

最悪エコノミーの3人掛け、4人掛けの真ん中でもしょうがないかなと覚悟を決め予約。正直、お盆休みとは言え、この騒動に関係なく予約するんだなというのが感想でした。

この便の機材はボーイング777-300ER (77W)でファースト・ビジネス・プレエコ・エコノミーとすべてのクラスが揃った飛行機です。

264席の内ファースト・ビジネスの68席が飛行機の半分を占有している、贅沢な機材です【以下画像】

ボーイング777-300ER座席配列(ANAホームページより)

3.空港閉鎖?

さて搭乗の前日、日本時間の夕方5時ごろ、香港空港のサイトにアクセスすると、空港を閉鎖したとトップページに書いてあるではないですか。これで明日の香港行はなくなるかなと半分あきらめていました。
深夜、改めて、香港空港のサイトで、フライトの発着をみたら、ほとんどの便がキャンセルになっており、羽田空港の発着も12日の夕方から13日の朝まで、全ての香港便が欠航となっていました。

ところが、NH859だけは何も表示がなく、ANAのサイトをみても特に何もはありませんでしたので、明日は少し早めに空港に行って様子を見ようと思いました。

 

もし、通常通りに飛んだ場合、良い方と、悪い方の2つが予想されるなと考えました。

まず悪い方は、週末の香港デモがこれだけ報道されて、しかも空港閉鎖となれば、当日キャンセルが山ほど出て、エコノミーがガラガラになってしまいアップグレードされないのではないかと。

良い方は、香港便が直前まで、飛んでいないので、他の便の乗客が、この便に流れ込んで押し出されて、アップグレードされるのではないかと。

ただ、最悪の事態として、この次の便に回されるという考えもありましたが。

ECONOMY CLASS SEAT(ANAホームページより)

4.チェックイン

当日は上記のことを考えながら、チェックインカウンターに向かいましたが、ここでも早めにチェックインするのがいいのか、ギリギリまで待ってチェックインするのが良いか迷いましたが、出発時間の1時間半前にチェックインしました。

チェックインカウンターでパスポートを提示し、旅券を受取りましたが、窓側か通路側のどちらがよろしいですかと聞かれただけで、アップグレードの話はありませんでした。

この時、いくら自分のステータスがSFCとは言え、特典航空券だと可能性はないんだなとあきらめました。

5.搭乗口でアップグレード

搭乗時刻まで約1時間あったので、お茶でも飲もうと思い、ANAラウンジに行って時間をつぶしました。

搭乗予定時刻の30分前になったので、列に並んでいると、「お客様の○○様、搭乗口カウンターまでお越しください」と自分の名前がアナウンスされたので、すぐにカウンターに行きました。

そこでチケットが新しく発券され、めでたくビジネスクラスに無償アップグレードされました。

なんと古いチケットはスタッフさんがその場でビリビリ破いていました。即座にお礼を言って受け取り(心の中ではやったーと叫び)、並んでいる列に戻りました。

f:id:shoku_sagashi:20190906175048j:plain

座席に着き、シャンパン(シャンパーニュ・ド・カステルノー・ブリュット・レセルヴ)飲んだのは言うまでもありません。

その後、香港までの約4時間半を機内で快適に過ごさせていただきました、ただし自分の席のUSBジャックは壊れていて、充電できないのは残念でした。

香港空港ではプラカードを持った若い人が少数いた程度でしたが、空港内では一部アクセス制限されていました。

6.無償アップグレードされるには

他の方も書かれている通り、香港便は満席になりやすやすい為、オーバーブッキングとなり、アップグレードされる確率が高いようです。

通説では、より高い運賃で予約した方とか、会員ステータスが上位の1人旅というのがアップグレードされやすいそうです。

どうですか、特典航空券でもアップグレードされる可能性があることが分かったのではないでしょうか。

私の場合は搭乗寸前でしたが、別のタイミングでもアップグレードされると考えます。あとは満席の便を狙って、運を天に任せるしかなさそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました